Hi5 VR GLOVE BUSINESS EDITION

Hi5 VR GLOVE BUSINESS EDITION

HTC VIVEのVR空間上に
手と指の動きをシミュレーション表示

『Hi5 VR GLOVE BUSINESS EDITION』は、HTC VIVE用グローブ型コントローラーです。VIVEトラッカー(またはコントローラー)を装着する事で、VIVEのVR空間上に両手と全ての指の動きを、高精度且つ5ms以下の低レイテンシーで、リアルタイムにシミュレーション表示させることができます。
 
指先に高精度9自由度のIMUセンサー(ジャイロスコープ、加速度計、磁力計搭載の慣性計測装置)を内蔵し、各種プログラムにより動作するバイブレーション機能を手首位置に搭載しています。電源には単3乾電池を使用、PCとの接続は2.4GHzワイヤレスとなります。
開発者向けにunityとUNREAL ENGINEのSDKが含まれているので、各種プロジェクトへインポートして動かすことも可能です。





 

交換可能なバッテリー
連続再生用に設計されたHi5は、交換可能な単三電池のみで動作し、 充電時間は不要です。




  
低レイテンシ―
バーチャルリアリティに高精度かつシームレスに没入。

 




 
 
衛生的
抗菌性、通気性、環境に優しい弾性素材は清潔ですばやく乾燥します。

 




触覚フィードバック
各手首のプログラム可能な振動は、VR体験中の効果を高めるために触覚フィードバックを提供します。

 




  
 
フルフィンガートラッキング
両手または片手での手と指の動きを完全サポート。プラグアンドプレイで簡単にキャリブレーション。

 




 

IMUセンサー技術
高精度9自由度IMU センサー(ジャイロスコープ、加速度計、磁力計)



 


     


               
 
Hi5 VR GLOVE WORKS WITH:
                  







 

チュートリアル動画







 

 
1.使用前のセッティング







 


2.磁気除去の方法








 


3.キャリブレーションの方法








 


4.ペアリングの方法


 
品名 Hi5 VR GLOVE BUSINESS EDITION
センサー 9自由度IMU(Ultra-low hysteresis)
精度 ロール/ピッチ精度(ダイナミクス) 1.0°(実効値)
見出し精度 2.0°(実効値)
分解能 1.0°
バッテリー駆動時間*1 約3時間(単三2100mAh)*アルカリ単三乾電池(各グローブに1個使用)、低バッテリーアラート機能
供給電圧 1.1~1.5V(グローブ)、ドングル(USB2.0) 5V
レイテンシ― <5ms   *通信状況によって異なります。
出力データレート 180Hz
通信方法 ワイヤレス通信(グローブとドングル間)2.4GHz無線周波数
無線周波数パフォーマンス 作業エリア:5m x 5m (同じ場所で最大6人まで同時サポート)
振動フィードバック 各グローブにプログラマブルバイブレーター搭載(手首部)
繊維*2 抗菌、通気性弾性繊維
重量 105g (グローブのみ)
SDK Unity SDK , Unreal SDK ,
グローブサイズ XS 、 S/M

※注 染料が手に付着する恐れがございますので、同梱しているビニール手袋を必ずご使用ください。





グローブサイズの詳細

 
  
サイズ 甲周り 中指の長さ
XS 19 cm以下 8~9 cm
S / M 19~23 cm 9~10 cm

 

Unreal プラグイン + サンプル

このSDKを使用して、Hi5 VR GLOVEをUnreal Engineに接続します。









 

Unity プラグイン + サンプル

このSDKを使用して、Hi5 VR GLOVEをUnityに接続します。






 

Unity インタラクションSDK

このSDKを使用して、さまざまなHand-Object対話機能をVRコンテンツに追加します。
 








 

Hi5 マルチプレイヤーデモ

Unityで作成されたHi5 マルチプレイヤーデモ


 

「Hi5 VR GLOVE BUSINESS EDITION」を運用したizm氏によるブログ記事


気鋭のエンジニア・izm氏によるブログ「izm_11's blog」にて公開された記事「Noitom Hi5をVTuber案件で投入したのでレビューしつつ便利スクリプトを書いた」(10月10日公開)

http://izm-11.hatenablog.com/entry/2018/10/10/184502



この記事では、izm氏が「Hi5 VR GLOVE」をVTuberとして導入したケースを想定しながら活用しており、そこで得た知見が紹介されています。
また、izm氏は「Hi5 VR GLOVE」をVTuberとして運用する際に役立つ調整用のスクリプトを作成しており、こちらも併せて掲載されています。

  

現在、「Hi5 VR GLOVE」を使用されている方や、同製品の導入を検討されている方にとって興味深い内容となっていますので、ぜひご覧ください。

izm氏(@izm)のツイッター(https://twitter.com/izm

※製品の仕様・付属品は予告なく変更する場合があります。
予めご了承下さい。

ページトップへ