AZLAは、2017年に創立した新世代のイヤホンメーカーです。フランス語で天空を意味する「AZUR」と、ラテン語で石を意味する「LAPIS」を組み合わせた、「天空のかけら」を表現した造語です。
未だ地球上に存在していない新次元のサウンドを提供するという、オーディオメーカーとしての理念を示しています。




 
TECHNOLOGY


 

AZLA MK2

独自のエアフロー技術「Infinity sound technology™」 

「Infinity sound technology」は、大型のベントポートを設けたドライバーを密閉型のハウジングで覆うことで、独自のエアフローを実現し、オープン型の様なサウンドステージと密閉型の遮音性を両立させたハイブリッドテクノロジーです。元来スピーカーで使われていた技術を独自アイデアによりイヤホンに応用しました。

 

ハイブリッドドライバー技術「BED™」

ドライバーメーカーとして35年の歴史を持つDynamic Motionの協力により、BAドライバーとダイナミックドライバーを同軸に配置、一体型にしたハイブリッドドライバー技術「BED™」を採用しています。従来のハイブリッドイヤホンで発生していた位相差と反射波の問題を排除する事で、全帯域に渡り正確な再生を可能にします。
一体型構造による小型化は、イヤホン用ドライバーとして最適なサイズで、強力なパフォーマンスを発揮します。

 

BED™ とInfinity sound technology™の組み合わせにより誕生「Infinity driver®」

「BED™」採用の同軸ハイブリッドドライバーに大型のベントポートを設け、ポリカーボネート製の密閉型ハウジングで覆うことで独自のエアフロー技術「Infinity sound technology™」を再現する一体型モジュールドライバー「Infinity driver®」は、密閉型でありながらオープン型の利点を持ち、ハイブリッドドライバーの特性を最大限に引き出すことが可能。かつてない空間再現力と低音域の表現力を獲得しています。




 

HORIZON

新開発ダイナミック型コアドライバー「ARD™」

3Dレーザースキャナーを用い、特に10KHz以上における分割振動モードを徹底的に解析。その精密なシミュレーションを元に独自研究を重ね、3層構造46μ厚の振動板を搭載した8mm径ダイナミック型ドライバー「ARD™」を開発しました。 アルミニウムダイアフラムを2枚の樹脂層でサンドした独自の3層構造により、イヤホンの振動板として最適な内部損失と剛性を実現。磁気回路から伝達された振動を、核となる軽量アルミニウム層が一切のロス無く受け止め、前後の樹脂層によるダンピング効果と相まって、全帯域に渡りフラットな特性を実現します。周波数特性の乱れや位相歪みのない、超高域までクリアなワイドレンジ再生が特徴です。
*ARD™: Advanced Research Driver™
 

独自のエアフロー技術「Infinity sound technology™」

 「Infinity sound technology」は、大型のベントポートを設けたドライバーを、密閉型のハウジングで覆うことで、独自のエアフローを実現。オープン型の様なサウンドステージと、密閉型の遮音性を両立させるハイブリッドテクノロジーです。元来スピーカーで使われていた技術を独自アイデアでイヤホンに応用した、新たな基準となるテクノロジーです。
 
 

ARD™とInfinity sound technology™による一体型モジュール「Infinity ARD™」

ベントポートをデュアルで搭載したARDをコアドライバーにして、ポリカーボネート製の密閉型ハウジングで覆うエアフロー技術「Infinity sound technology™」を導入した一体型モジュールドライバー「Infinity ARD™」は密閉型でありながらオープン型の利点を持ち、ARD™ドライバーの徹底した低歪が可能にするその特性を最大限に引き出すことが可能。かつてない空間再現力とダイナミックレンジ、そして低音域の表現力を獲得しています。



 

ORTA

ALC(アクティブロスコントロール)テクノロジー

可能な限り音波の直進性をキープすることで、反射による干渉で生じる歪みを抑制。音波伝達のロスを最小限に抑えるALC(アクティブロスコントロール)テクノロジーを採用。各種パーツの角度や形状だけでなく、アコースティックチャンバーの内容積やノズルのサイズなど、全てが緻密な計算のもとに設計されています。
 
 

専用設計 ALCドライバー

8mm径40μ厚アルミ合金製振動板を搭載した、独自開発のALCドライバーを搭載。音波の直進性をキープする「ALCテクノロジー」での使用を前提に、分割振動を抑制し徹底した低歪設計により、クリアで正確な音楽再生を実現します。さらに、搭載した2つのベントポートがインナーチャンバーハウジング内でその音響特性を活かし、さらなるクリアネスを提供します。
 
 

不要な振動を抑制 インナーチャンバーハウジング

ALCテクノロジーに基づき設計されたアコースティックチャンバー内に、接着剤を使わずに、共振抑制効果のあるUVコーティングでALCドライバーを固定。さらに アウターハウジングとセパレートさせることで外部振動からもドライバーを保護。ドライバーへの悪影響を徹底的に防ぐことで、ALCドライバーのポテンシャルを最大限引き出します。


 
ページトップへ