VIVE トラッカー(2018)

VIVE トラッカー(2018)

現実の物体に取り付けてVR空間でのトラッキングを
可能にする、開発者向けVIVE用デバイス

VIVE トラッカー(2018)は、現実の物体に取り付けることで、VR空間にてトラッキングを可能にするVIVE用デバイスであり、今回の販売はVIVEトラッカー対応コンテンツ開発者向けとなります
 

VIVEトラッカー(2018)

VIVE トラッカー(2018)を使うと、現実世界のどんな物もVR空間に取り込めます!例えば野球のバットに取り付けて、世界最大の野球場で特大のホームランを打ちましょう。
カメラに取り付ければ、セルフィーMR(複合現実)ビデオを撮ることも可能です。活用方法は無限大!


 

何でも簡単にトラッキング

VIVE トラッカー(2018)は、取り付けた物体とVIVEシステムを、ワイヤレス、そして途切れること無く接続します。
VIVE トラッカー(2018)をデジタル一眼レフカメラに取り付けると、MRビデオの撮影が可能になり、VR体験の楽しみ方が広がります。


想像力を解き放て

VIVE トラッカー(2018)があれば、今までにない形のVRゲームや体験を制作することができます。
コンパクトで、どこにでも簡単に取り付けられるVIVEトラッカーを使って、楽器の演奏やロッククライミングを楽しめるグローブや卓球のラケットをデザインし、今までより容易に現実世界に近いVR体験を提供できます*。

*VIVE ヘッドセットを装着している間に動かそうとする物体の上でVIVE トラッカー(2018)を使用するときは、プレイエリア内であらゆるものが片付けられ、障害になりそうな物体がなく、他の人がいないことを必ず確認してください。




 

デジタル一眼レフを VRで活用する

お手持ちのカメラを使って、MRビデオを撮影しましょう。
デジタル一眼レフカメラをVIVE トラッカー(2018)に取り付けるだけで、VR世界の中に自分自身を投影することができます。
友達や家族に見せたり、参加してもらうことができます。また、自分自身を録画してプレイスキルの向上に役立てることもできます。



 

VR開発の引き出しを増やそう

• 同梱品: micro USBケーブル、USBドングル、ドングルクレードル
• 完全充電時の使用可能時間: 約6時間



 

旧製品からの変更点


旧製品「VIVEトラッカー」から「VIVEトラッカー(2018)」への変更点は以下のとおりになります。
 
  VIVE トラッカー VIVE トラッカー (2018)
トラッキング SteamVR ベースステーション1.0対応 SteamVR ベースステーション1.0、2.0対応
データ入力 電源ボタン、micro USB、Pogoピン 電源ボタン、Pogoピン




 

※製品の仕様・付属品は予告なく変更する場合があります。
予めご了承下さい。

ページトップへ