HISTORY
 
The Jerry Harvey Story
Jerry Harveyは、ロックンロールの創始者の一人Chuck Berryや、作曲家でありプロデューサーのT-Bone Burnett、そしてラグタイムの王と呼ばれるピアニストScott Joplinなど米国音楽業界のレジェンド達を生んだ、米国ミズーリ州セントルイスで誕生しました。創造的な音楽を作り上げたこの米国中西部でJerryは、音楽とオーディオへ多大な情熱を注ぎながら育ちました。

1994年、インイヤーモニター(以下IEM)は技術的に始まったばかりで、現在の様にステージやツアーでの使用はごく一部でした。Jerryは当時、ハードロックバンドVan Halenのモニターエンジニアとしてツアーに同行していましたが、ドラマーであるAlex Van Halenから、モニタースピーカーに変わる、よりよいモニタリングシステムの提案を依頼されました。Van Halenのアリーナステージでのモニターサウンドを熟知していた彼は研究を重ね、最終的に2way,カスタムIEMをAlex用に設計しました、

そのIEMは、ツアー中に他のアーティストやモニターエンジニアなどで話題となり、やがてJerry Harveyは、自身の会社である「Ultimate Ears」を設立しました。多くのアーティストやツアークルーに向けたIEM製品の開発、販売を開始。Ultimate Earsは、IEM需要も大きくなった業界の標準IEMプロバイダーとなりました。
その後2005年にLogitech(日本名ロジクール)社の子会社となり、Jerryはトップモニターエンジニアとしてステージ用IEM製品の開発を続けました。



Aviation
そして2007年に新会社となるJerry Harvey Audioをスタートさせました。自身もプライベートパイロットであることから、プライベートパイロット向け通信用インイヤーヘッドセットを3モデル開発。それはIEMと同様カスタムフィットで、その高い遮音性と優れたサウンドにより、耳に負担をかけずに快適で明確な機内通信を実現。その後2010年まで生産を継続しました。


Back to the Music

アーティストやモニターエンジニアから、より高いクオリティのIEMを求める声が非常に多くなってきた2009年、Jerry Harvey Audioとして、改めてプロオーディオ向け製品の開発に着手。その後発売となったJH13とJH16は、かつてないダイナミックレンジと位相精度によりプロだけでなくオーディオファイルまでを虜にし、最初の12ドライバー搭載IEMであるSirenシリーズRoxanneと共に、Jerry Harvey Audioの主力製品として世界的な高い評価を得る運びとなりました。


Universal Fit
Jerry Harveyとそのチームは、広く普及したRoxanne™IEMをユニバーサルフィットとして発売することで、成長を続けるコンシューマIEM市場をターゲットにしました。
Jerryは長年のカスタムフィット開発の経験を踏まえ、ハウジングの特性を研究した上で、カスタムライクなフィット感とハウジングを40%小さくすることに成功しました。以降、コンシューマ主力製品として、現在4モデルがラインアップしています。


Art
Jerryは、世界を代表する時計メーカーやタトゥーアーティスト、ナイフ職人などからデザイン的なインスピレーションを得ており、“look as cool as they sound.”と、サウンドだけでなくデザインの重要性も理解した上でIEMを設計しています。カーボンファイバーやチタン、美しく磨かれたステンレススティールなど、音響特性が良くエキゾチックな質感のマテリアルを採用しています。


Now and the Future
そして現在、Jerry Harvey Audio、カスタムフィットIEMを10モデルと、ユニバーサルフィットIEMを4モデルラインアップしており(2019年4月現在)、さらにAstell&Kernとのコラボモデルとなる、ユニバーサルフィットIEMも数多くラインアップしています。
完璧なサウンドを求め、常に革新を続けるJerry Harveyの探求は今も続いています。



 
 

INNOVATION
 

Jerry Harveyは、Alex Van Halenがステージモニター用IEMを開発を決意して以来、常にカスタムIEMのテクノロジーを推し進めてきました。
そしてJerryが最初のマルチドライバーのカスタムIEMを発明したと言われています。彼の発明を通じて、彼はIEMにおけるテクノロジーを進歩させ、ステージ用IEMの普及へとつながりました。
ツアーミュージシャンからの厳しい要求は、ジェリーの革新への意欲をかき立てましたUltimate Ears、そしてJerry Harvey Audioで、プロフェショナルのニーズに応えるだけでなく、その大きな期待を常に超えていくことに、彼は情熱をかたむけています。



Some of Jerry’s Notable Accomplishments:

1995
• 1st Dual BA IEM
o UE5: Single Low, Single High BA, 2-way crossover


1998
• 1st Dual Low BA Design
• 1st Triple BA IEM
o UE7: Dual Low BA, Single High BA, 2-way crossover


2004
• 1st Hybrid Design IEM UE5EB: Single low diaphragm, single BA, 2-way crossover

2006
• 1st Band Pass Subdual BA
• 1st Quad BA IEM UE11: Dual Low BA, Single Mid BA, Single High BA, 2-way crossover


2009
• 1st Dual High BA Design
• 1st Dual Mid BA Design
• 1st Six BA IEM
o JH13: Dual High BA, Dual Mid BA, Dual Low BA, 3-way crossover


2010
• 1st Quad Low BA Design
• 1st Eight BA IEM
o JH16: Quad Low BA, Dual Mid BA, Dual High BA, 3-way crossover


2011
• 1st Tri-amp Inverse Active Crossover Amplifier
o JH3A Amplifier


2012
• 1st Time and phase Wave Guide
o freq|phase™
• Popular Science Invention of the Year – JH13Pro/JH16Pro


2013
• 1st Quad High BA Design
• 1st Quad Mid BA Design
• 1st Bass Adjustable IEM Cable
• 1st 4-pin Locking Connector
• 1st 12 BA IEM
o Siren Series Roxanne™: Quad Low BA, Quad Mid BA and Quad High BA, 3-way crossover





Handcrafted IEMs Made in the USA
JH AudioのIEM製品は、フロリダ州オーランドでハンドメイドで組み立てられています。
私たちは最先端のテクノロジーを使用しながら、職人技を駆使して生産することを誇りに思います。


"Jerry Harvey Audio. Hand crafted, never mass-produced."
 
ページトップへ